粒録”

ツブログ。日々貯めている写真につぶやきを添えたログ。過去のものはコチラ: http://d.hatena.ne.jp/whitefield_d/

20190813_α7IIIへの微熱、高まり中。

SONYのα7IIIへの微熱が高まっているため、一旦吐き出して整理するための自分向けエントリーです。そのため、つらつら長文を書いてしまいます。

 

 

SONYのα7III、言わずと知れたミラーレスフルサイズ機です。

www.sony.jp

2019年はミラーレスにおいては変革の年で、CanonNikonPanasonicも各社ミラーレスを出しました。SONYが独断先行しているエリアに、各社がいよいよ食い込み始めた形ですね。各社の初号機のレビューもかなり見ましたが、やはりまだ先行しているSONYに長あり、という認識です。今後はどうなるか、というところではありますが。

 

それが今、欲しくて欲しくてたまらなくなってきました。

 

 

先日の三連休、今の自分に必要な理由を考えぬいてみました。

・優秀な瞳AFでの一度きりのチャンスの撮り逃しを減らすことができる。

・瞳AFが最近動物にも対応しているのでそれを活かして、バチピンの愛犬の写真ももっと残したい(最近残せていない)。

・EOS 6D2からの小型軽量化で身軽に。ちょっとでも荷物減らしてカメラを持ち歩きたい。

考えても考えても、結局、こんな基本的な点が自分にとってのSONYのα7IIIの魅力でした。CanonさんのEOS Rもだいぶ期待したいところですが、瞳AFがとにかくデカすぎる・・・。

 

 

これに比較して、今買うことのデメリットは、

・α7IIIの発売日が2018年3月なので、ひょっとして年内/年始にα7IVが出るかもしれない・・・。

これに尽きます。非常に大きなリスクです。

 

SONYのミラーレスの例でいうと、2017年11月25日に出ているα7RIIIが、なんと2019年9月6日に新型のα7RIV発売(予定)として発表されました。1年10ヶ月ほどで次のモデルが出ていることになります。兄弟分である無印α7についても、同じくらいのリリース間隔になるのでは、と普通は予想します。

この大きなリスクについては、一定の受容を示すほかありません。つまり、新しいのが出た場合、買い替えを行うか、我慢する、です。。。

 

 

今考えられる範囲ですと、α7IIIになくてα7IVに期待する機能は、バリアングル液晶です。α7RIVも、やはりチルト液晶で、バリアングルではないのです。(なぜでしょうか・・・。)

 

そのほか、画素数Up、瞳AFのさらなる強化とか、連写のさらなるUpとか、そういうバージョンアップはそりゃあ出てくるでしょうが、大事ではありません。これが大事かどうかを判定するための自分の中の基準が、最初に挙げた「必要な理由」です。大事な点はあくまでも、瞳AFが中心。

 

現状、本体価格が20万円、中古市場で半額で売れたとしたら、もう15万~20万円くらいで買い替えでしょうか。うーん。他の欲を我慢すれば、ギリギリ現実的なラインか・・・いや微妙。。。

 

他のデメリットはありませんでした。今あるCanonのレンズ資産が無駄になる・・・と一瞬思いましたが、α7には優秀なマウントアダプタがあるようで、今使っているレンズはそのまま流用可能です。これも本当に世のCanonユーザーの移行を促進させたんでしょうね。

 

 

 

必要な理由、の話に戻ります。

 

先日、近所の大きな公園で盆踊りを楽しんだんですが、その時の家族写真が微妙にピンボケしていまして。スマホ画面で見てもそんなに違和感はないんですが、MacbookLightroomくらいで見るともうぼんやりで。。。とっても悔しい思いをしました。

写真が趣味でない人向けには事実上影響はないレベルです。が、家族や周りの人から「この人の趣味は写真」と認識されているのに、そこから出てくるイベント写真がピンボケ、ってやっぱり有り得ないんじゃないかと考えちゃうのです。

いや、実際には、「趣味:写真」といっても幅は広く、状況/技術/機材によって撮影を難しくする要素がいくつもありますので、ある一時点の撮影がピンボケする可能性は結構ありありで、決して「あり得ない」ではないんですが。でも、それはカメラをやってる/知ってる人の理解であって、周りの人からすると「いいカメラ持ってるんだから、きっと素敵な写真ができるはず」という暗黙の期待前提で撮られていることもままあると思います。無意識だと思いますが、きっとそれくらい要求レベルは高いはずです。

 

腕がよっぽど良ければ、こんな悩みはないのかもしれません。が、F1.4などの開放で、かつ、暗めの屋外で撮った場合、やっぱり焦点がビシッとあう深度は非常に薄く浅く、AFロックしてフレームを動かした場合のコサイン誤差や、そもそもAFが迷っちゃうケースには必ず遭遇します。そしてその多くは、イベントから帰宅して、現像して、やっとわかります。

こういう、写真の腕不足を手っ取り早く補う手段が、瞳AF(と暗所に強いこと)だと思い、現状のミラーレス市場に置いてそれが抜きん出ているのがα7であるように感じています。(というか、これだけ先に行かれていると、しばらくは独走状態なのでは、とさえ感じます。

 

 

 

瞳AFが動物に対応したことも衝撃です。

我が家には柴犬がいます。柴犬は、鼻と口の部分(マズル、と言います)が長く、かつ、正面から見たときに鼻と目が非常に近いところにありますので、範囲広めのAFに頼ると50%くらいで鼻に合います。また、鼻と目の間の部分にピントが合ってしまうこともあり、きちんと撮らないとまず合いません。

しかし、柴犬に限らず犬は目線の高さが当然低く、必然、ファインダーもノールックで撮ることが多いです。特に縦の構図で、だらんと腕をぶら下げた形で撮ることがよくあります。これに加えて柴犬はよく動きます。どうもレンズが嫌いなのか、AFの測距に使われている赤外線?が嫌いなのか、ピントを合わせようとすると次の瞬間には目を背けてしまいます。

そのため、ノールックでピントを合わせつつ、かつ、ピントを合わせた瞬間から目を背けるまでのわずかな時間に連写し、いい表情かどうかを確認する作業があります。

確認に時間をかけていると、犬の表情はあっという間に落ち着きます。我が家は老犬ですので、テンションの高い時間も短く、パッと見て良い表情を撮れる時間帯は非常に限られています。これを、最新機器の力でなんとかしたい訳です。

さらに加えると、老犬、としたように、14歳の我が家の柴犬は、元気でいてくれているものの、やはり加齢による衰えは否めません。可愛いのに変わりはありませんが、元気な顔をバチピンで多く残してあげたいと思っています。半年後のα7IVを待っていて本当に良いのか、が疑問です。

 

以上を踏まえると、「今撮れる」ことが、自分には一番大事な気がするんです。そりゃあ買い替えにはお金もかかりますけど、支払ったお金以上に手にできるものがあるのではないかと思うのです。

 

 

 

というわけで、買います。

 

・・・あれ?

 

吐き出すためのエントリーだったのに、いつの間にか買う宣言になってしまった。。。

いやいやしかし、買うも何も、先立つものがないので、、、まずは家庭内承認からなのですが。レンズ含めて軽く30万円の出費ですからね。。。やっぱり、もう少し考えざるを得ないでしょう。

 

 

以上。色々書いて落ち着こうと試みましたが、あと半年でひょっとしたら発売されるかもしれない、というリスクを踏まえてもなお今購入に踏み切るほどの材料が揃うかどうか、という点がポイントになりました。

 

本当に、家電は買い替え時が難しい。。。

 

 

 

ちなみに、

Canon EOS6D2の本体重量は、685g。発売日は、2017年8月4日。

α7IIIの本体重量は、565g。発売日は、2018年3月23日。

α7IVは・・・。

 

 

 

 

 

 

20190804_小金井公園の盆踊り。

"趣味:盆踊り"なお兄さん方に誘われて、大人になってから初めての盆踊りに参加してきました。

正確には、小金井公園の中にある江戸東京たてもの園の夕涼みイベントですね。

www.tatemonoen.jp

 

お兄さん方とは本当は青山で行われる郡上おどりに行く予定だったんですよね。でも当日あいにくの天気だったりしてご一緒できず。。今回改めての盆踊りとなりました。郡上おどりは岐阜の本家のイベントでは一晩中踊るイベントらしく、、、こちらはまたいずれステップアップしたら参加したいと思います。ぜひ本場で参加したいですね。

www.aoyama-gaienmae.or.jp

 

今回の盆踊りは17:30〜だったので、その時間に合わせて公園に。17:30と言ってもまだまだ明るい&暑いですね。正面が江戸東京たてもの園の入り口です。しかし広い公園だ。(東京都で言うと昭和記念公園葛西臨海公園に次いで第三位とのこと)

IMG_8270.jpg

 

 

さて、お目当の盆踊りですが、やはり場所柄小さい子供も入れた家族イベントの要素も強いので、盆踊りの曲は以下4曲。大人になってから初めての盆踊りなのでかれこれうん10年ぶり、、、当時大阪でしたので、東京音頭など初めて聞くに近いですが、見よう見まねですぐ踊れるようになりますね。

お兄さん方に言わせると、4曲(実質3曲)なのはちょっと少なめとのこと。やはり子供むけイベントですね。それくらいが盆踊り初心者には体力的にもちょうど良かったので、盆踊り初めの一歩としてはむしろ最適かもしれません。

 

盆踊りの振りは、後ろに戻る動きもありますので、小さい子供が参加している盆踊りだと手や足が当たらないようにケアが必要です。大人だったら大丈夫ですけど、子供は全体の動きとは関係なく前進してきますからね。子供連れのお父さんお母さん、注意して見てないと危ないですよ!

 

小金井公園の盆踊りは前半後半に分かれて間に休憩が入りますが、後半になるともうめぼしいドリンクは売り切れてしまいました。近所のお店が出店を出しているので、例えばインド料理店のラッシーなんかも飲めたりして楽しい(そして外で運動した後のラッシーが実にうまい)ですが、ゲット狙うなら前半の踊り中ですね。

 

 

それでも帰り間際、かき氷にはありつけました。踊って汗をかいた後のなんの変哲も無いイチゴのかき氷が、うまいのなんの。

IMG_8466.jpg

 

 

 

普段着慣れない浴衣ですが、終わる頃にはだいぶ慣れてきて。帯の結び方もお兄さん方に教えていただいたので最後までバッチリ着崩れることなく盆踊りを終えられました。

にしても夏の屋外、やはり汗がすごいので、下着シャツとしてエアリズム必須でした。昔の日本はこんなに蒸し暑くなかったのでしょうね。

IMG_8496.jpg

 

というわけで大人になって初めての盆踊り、楽しめました。この手のイベントに参加する度、浴衣をもっと着たいなぁと思うわけですが、なかなか続きません。イベントドリブンですからね。夏の間にもう少し浴衣イベントを設けてみたいですね。

 

後、カメラ。もちろん撮り甲斐のあるイベントなので持参して、カメラを ショルダーストラップで担ぎながら踊るのです。踊りにはそれほど邪魔になりませんが、重量は其れなりで、EOS6D2(680g)+SIGMA 24mm f1.4(760g)で1.5kgくらい。。この辺り、もう少し軽くなればなぁ、、、と夢見はじめました。暗くなるので明るいレンズは必須ですが、ミラーレスあたりで軽く撮れればなぁと思う次第。信頼性とお手軽感、二つ合わせて実現できるシステムを構築できれば良いのですが。

IMG_8502.jpg

 

 

20190617_忙しさにかまけて。

いけませんいけません、またblogを放置してしました。。大事なOutputの場なのに。

 

最近の気づきとして、海外旅行とかそれなりに調べまくって実行に移すのですが、それを人に伝える用途で残してみてはどうか、というのがありました。確かに、せっかく調べて、ここ良かったよ、なんて、帰国してから写真付きで紹介したりもするものの、それっきり。どこにも残らないし、よって後で振り返りもできない。その場限りのフィードバック。。。

 

時間がないない言ってないで、作って、記録してみようと思います。とりあえず月末までに、こないだ行った台湾旅行を!

 

という、決意エントリーでした。取り急ぎ。

20190324_ほぼ私信。MacでOffice製品を使うときにいくらかかるのか。

MacExcel入れたいけど、いくらかかるの?」

職業柄なのか、たまに聞かれるのですよね。

最近周りでもまたちょいちょいご新規Macユーザーが増えてきましたし。でもうまく答えてあげられていませんでした。

 

SEなので詳しいと思われがちですが...

  • 会社はMacだけど、個人では買わない(ちなみにOffice 365)
  • 家もMacだけど、Officeなんか要らない。(ここ重要!)

なので、この手の情報に触れることがあまりないんですよね。ごめんなさい周りの人。

 

でもこれ、よくわからないままも気持ち悪かったので、ちょっとだけ調べてみました。身近な人を想定したほぼ私信メモなので、詳細なことは書いてません。まるっと、概要だけです。詳細にはそれぞれググれば出てきますので、自分で調べるような方は困りませんよね。

 

結論から言うと、

  • Office 2019の買い切りでパワポなしで3万円超。高い!そしてバージョンアップはできない...
  • Office 365のサブスクだと年に13000円弱くらい。こっちなら常に最新。
  • でも大体、無料のOffice Onlineで十分じゃない?

です。

 

個人でExcel、Wordが欲しいという人のほとんどは、無料のOffice Onlineで事足りるはずです。(僕の周りの人は特に。)既存のファイルを見るだけならほぼ支障はないし、自分で一から作る時にもそんなに凝った計算式駆使しないでしょう。駆使する人は買いましょうね。

パワポが欲しい人はひょっとしたらビジネスユースがあるのかもしれませんが、それならいっそKeynoteにしてみたら?無料ですよ? という気もします。

 

 

ちなみに、MacApp Storeで”Excel”とかって検索すると、以下リンクのような”無料(ただしApp内課金)”という謎の表現が出てくるので、特に普通の人は混乱するのだと思います。

これは、Excel自体は無料で落とせるけど、使うにはOffice 365のサブスクリプションを別途購入しないとダメよ”の意味です。なのでMacExcelは無料ではありません。

Microsoft Excel

Microsoft Excel

  • Microsoft Corporation
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

参考:Office製品の価格比較

products.office.com

 

ふぅ。日曜日の仕事(待機)時間は調べごとが捗りますなぁ。

IMG_5723.jpg

 

20190217_小金井公園の梅まつり。

去年も行った小金井公園の梅。今年はちょっと遅めに観賞始めてきました。

 

scrapbox.io

あと、blogには書いてなかったのですが、2月の末には念願の梅ジローも実現できたんでした。(梅+メジロで梅ジローというらしい) このために勢いつけてGETした望遠レンズ( Canon EF70-300mm F4-5.6 IS II USM)も大活躍したのでした。(下の3枚は去年撮ったものです)

IMG_2126.jpg

 

IMG_2203.jpg

 

IMG_2070.jpg

 

 

 

今年も梅は見たいなぁと思っていたところ、日曜日にポケモンGOのイベントがありましてね、夕方からの予定の前に立ち寄った小金井公園でさらに偶然梅まつりがやってました。念のために望遠レンズも持っていたので、いつもの単焦点はちょっと横に置いて、望遠レンズで梅の練習をしてみました。

 

 

2019年2月17日時点の小金井公園の梅園の開花状況は、1/4くらいが見頃というところ。残りの3/4はまだこれからのお楽しみですね。蕾はぷっくり膨らんできていますので、あとちょっとというところも。

IMG_3293.jpg

 

 

頭隠して尻隠さず。一生懸命お仕事していました。

IMG_3305.jpg

 

 

この木は比較的咲いています。8分咲きくらいかな。

IMG_3308.jpg

 

 

こいつはまだまだこれからですね。龍眠枝垂れ、という名前だったような。

IMG_3315.jpg

 

 

ロウバイ、だったかな。光がキレイ。

IMG_3322.jpg

 

 

この木も満開になったらすごそうですね。ちょこちょこ観に来なければ。

IMG_3273.jpg

 

 

15時くらいになると、日差しが少し傾いてきて、また違った表情がのぞけます。ちょっとずつ、そういった光の感覚も写真で覚えていきたいことの一つですね。

IMG_3371.jpg

 

 

梅まつりというだけあって、出店も多く出てました。地元の和菓子屋さんかな。この梅大福、柔らかくて甘い青梅が入っていて、めちゃ旨でした!!もっと買って帰ればよかった・・・。

IMG_1394.jpg

 

 

あとそうそう。こういうログも大事ですよね。園内マップの梅に特化した版。いたるところのフォントの破綻が見られますが、、、頑張って作ってくれているのでしょうね。青字で書かれた梅の代表品種の写真こそが周りにあるといいような気もしますが・・・品種が多いということは分かりました。

IMG_3359.jpg

 

 

梅ジローが見られるのはもうちょい先ですかね。今年も写真に収めたいので、また来週、開花の様子を見に行ってみたいですね。

 

梅まつり自体は、お箏の演奏会があったり、野点(500円でお菓子付き)があったりして、多くの人が集まっていました。桜祭りほどの人手にはなりませんが、ちょうどよくご近所さんが楽しめるような規模(桜の頃は人・人・人・・・で大変)で、みなさん楽しそうでした。

 

じっとしてると寒い時期ですが、日差しもあって、ポケモンしながら写真を撮るにはちょうどいい気候でした、、、けど次は写真に集中しよっと。笑

 

 

 

 

 

 

20190215_ローソンのApple Pay支払いはタイミングがシビア。

職場の最寄りなので、ローソンをよく利用するのですが。

いつからか、ローソンの会員カードであるPontaカードがアプリ化され、さらにそれがバーコード読み取り形式から「Apple Payで支払うと同時にポイント加算される」形式に変更になりました。

www.lawson.co.jp

 

これ、なかなかタイミングがシビアなんです。

うまくいかないと何度も何度もリトライしたりして余計に焦ってしまったり、店員さんに「こいつキャッシュレスに慣れてないなぁ・・・」とか「iPhoneの調子悪いんじゃないの・・・?」と残念がられたりするかもしれないので、スムーズに支払えるようにありたいものですね。

 

 

経験上、うまくいく流れはこんな感じ。赤字がポイントです。

  • 商品を渡すと同時に、「Apple Payで」と伝え、この時からApple Payのロック解除しておく
  • 店員さんが操作して、「どうぞ」と言われてもちょっと待ち、レジ機器のタッチ部分が点灯したらApple Payのロックを解除して支払いReady状態になったiPhoneをかざす。

 

逆に、失敗するときの例としてはこんな感じ。

  • 店員さんが「どうぞ」というのでReady状態のiPhoneをすかさずかざすも、レジ側がまだReady状態ではないためか、Apple Payがうまく反応されず、レジ側のタイムアウトに引っかかってエラーになる。
    →レジ機器のタッチ部分が点灯してからかざせばOK。
  • 店員さんが「どうぞ」と言ってからApple Payのロックを解除(例:iPhoneのサイドボタンをダブルクリックしてApple Payを呼び出し、Face IDでロックを解除)しようとしたら、予想外にロック解除に時間がかかり、レジ側の支払い待ち状態がタイムアウトしてエラーする。

経験上は、レジの機器がReadyになるまでにタイムラグがあり、かつ、タイムアウトが短い(体感で5秒くらい)ことが失敗の主たる要因です。このことを認識してうまく回避しないといけません。

iPhone側は、初期設定だとApple Payのロック解除後30秒は余裕でそのまま解除状態なので、商品渡す前に解除してても大丈夫な感じですね。慌てないためにはその事前解除が良いと思います。

 

にしても、たかがキャッシュレス支払いですが、LAWSONでApple Payの支払いは上記のタイミング問題から無駄に緊張感がありますね。Pontaカードはバーコード読み取りが別途必要でしたが、「Suicaで」と告げて速攻タッチして払っている頃が懐かしいです。。。ポイントカードの単純アプリ化状態ですらすら、今はもうレガシーに感じてしまうということに書きながら若干驚きではありますが。

 

IMG_2846.jpg

 

みなさんは、うまく対応されてますかね。

 

20190206_FlickrにUploadした写真や動画の日付が消える件。(Flickr側の不具合っぽいけど未解決)

最近、Flickrに写真をUploadするワークフローを少し変えまして。

whitefield.hatenablog.com

ここに記載はしてなかったのですが、うちは家族の写真をFlickrに統合しておりまして。そのため、ヨメiPhoneで撮られた写真も、同じFlickr上にマージされていきます。

その際、ヨメiPhoneとヨメmacを物理結線して取り込み、そのあとはsafariFlickrにアクセスし、FlickrのUploaderの機能を使ってUploadする、という手順にしています。

 

が、この手順。一つ問題があることがわかりました。タイトルで書いた通り、FlickrにUpした動画や写真の、撮影日やEXIF情報がFlickrに読み込まれないことがあるんですよね。。。

アップロード自体は正しく行われるのですが、そのあとで写真・動画を表示させてみると、撮影日の日付はなくなっていて、あるのはUploadした日のみ。うーん・・・時系列でアルバムは分けているので、壊滅的な被害にはなりませんが、それでも元ファイルにある情報がFlickrにUpすると欠けてしまう、というのは気持ち悪いですよね。

 

まぁそもそも、切り分ける前は、ひょっとしたらmac上での取り込み操作やUpload時の方法が悪かったのでは・・・?というところからスタートしているので、どうやらFlickr側の問題である、と明確に切り分けられただけでもかなりスッキリはしたのですが、、、Proユーザーとしてもここは改善して欲しいところです。

 

 

なお、タイトルでは写真・動画と書きましたが、写真の撮影日付が消えてしまうのは、上記の切り分けの結果、別の問題であることがわかりました。詳細はまたどこかでログするかもしれませんが、端的にいうと、iPhoneFlickrアプリ(公式)でUpしたものは撮影日付が消えてしまうことがある、という事象でした。なので、冒頭で述べた、一度macに取り込んでからWebブラウザ経由でアップロードしていれば回避できます。

でも、動画はこの方法でもアウト。2019/02/05現在、iPhoneで撮影した動画ファイル(MOVファイル)は、Webブラウザ経由でアップしたどの動画も撮影日付は失われてしまいました。

 

ちなみに。どうやらFlickr側の問題っぽい、と思えたのは、以下QAを見つけたからです。

www.flickr.com

やっぱりFlickrに関する調べごとは日本語だと情報が乏しいですね。。。英語頑張らないと。

拙い英語力で要約すると、こういうこと。

  • 2018年12月の事象で、現在も未解決。
  • この人もiPhoneで撮影したMOVファイルの日付が消えると言っている。
  •  以下の通り、最終的にはFlickrの中の人がmacユーザーにおけるUploadrの不具合だと認識してくれたとのこと。

Support staff have acknowledged this as a known issue:


Sadly, there seems to be an issue that is affecting the Uploadr feature for Mac users. Fortunately, our engineering team is aware of the issue, and I have included your ticket to the list of those being affected by this bug, so that they may be able to find a solution for you.

 

はー。早く解決して欲しい。気持ち悪いもんなぁ。。。

 

そうそう。Flickrで動画といえば、以下で公式が宣言しているような、”Proユーザー向けの動画ファイルが、10分まで可能になる(これまでは3分を超えるビデオファイルはUpできなかった)”の施策もありましたね。www.flickr.com

Early 2019には実現されるといいつつ、その後音沙汰ありませんが、、、これもまだかまだかと気になるところです。待ってますが、お早めにー!> Flickrの中の人。

IMG_1555.jpg