粒録”

ツブログ。日々貯めている写真につぶやきを添えたログ。過去のものはコチラ: http://d.hatena.ne.jp/whitefield_d/

20150824_THE CAFE BY AMANは料理もデザートもメチャクチャ美味しい、都会の森の一軒家カフェ。

夏休みに勢い良く滑りこむべく、前々から行きたかった都会カフェに行ってきました。

世界中にラグジュアリーなリゾートホテルを展開するAMANグループのホテルがついに東京大手町にもできたんですね。そのふもとに、AMANとしては世界初のカフェが出来た、、、これは行かきゃダメなやつでしょ!と。

てことで、マイセカンドアマンです。

GR028819

 

11時開店、平日(ぼくらは夏休み)ってことを考えると、そこまで早く入る必要はないかと思っていたのですが、一巡目に入らないと1.5hくらい待ちになる可能性があることと、席数がそんなにないこと、(少数ではあるだろうけど)ホテルの宿泊客が優先予約されている席数がわからないことから念のためと10時に着くように行ってみたところ、僕ら以外には1組だけ。よしよしOK。これで一巡目確定です。

 

GR028814

 

なお、「なーんだ、じゃあ11時ちょっと前でOKじゃん」と思ってはダメで、10時半くらいからあれよあれよと列が伸び始めます。客層は9割女性。男性お一人さまはおらず、カフェ使いが出来るのはまだ先の話かなぁ、というところ。

最終的には11時のオープン前には40~50人くらいの行列になり、、、当然後ろの方は一巡目には入れなくなってしまったのでした。。。カフェのオープンが6月1日なので、まだまだ平日と言えども行列はあるんですね。

 

ランチは14時までで、1組1.5hの時間制限もあり。十分ですけどね。15時からは別途カフェタイムだそうですが、こちらも混みそうな予感ですね。

 

 

さて。無事着席。この日はあいにくの曇り空で雨が降り出しそうでしたが、パラソルがあるということでテラス席に。

 

プレートが葉脈を表したような柄の銅板になっていて、なんとも雰囲気あります。

GR028840

 

ここのコースはFOREST:1600円でメイン一品とコーヒー/紅茶。LEAF:2500円でFORESTに前菜つき。さらに+700円でデザートが選べます。

今日のテーマは夏休みスペシャルの贅沢ランチなので、奮発して良いほうのコースとします。笑

 

 

まず前菜。こちらはパテ・ド・カンパーニュ。しっかりボリュームあって旨い!上には和野菜(名前を失念・・・)が載っています。

GR028842

 

 

こちらはイチオシ感の見られる前菜、カルボナーラ サラダ。ベーコンとチーズでこちらもボリュームたっぷり!男性でも満足できるサラダで嬉しい限り。笑

GR028843

 

 

 

メインはこちら。スモークサーモンが載ったシチリアンクレープ!これ(゚д゚)ウマー!スモークサーモンとソースの相性が抜群です。GR028853

 

 

こちらはもうひとつのメイン。オープンサンドイッチ。付け合せのポテトフライがなんとも贅沢な感じです。ジャンボンブランをフォカッチャで挟んでいます。

GR028854

 

 

そして、せっかく来たのだからと+700円でデザートもオーダー。いや、結論から言いますと、これは絶対足すべき。700円でこれはかなりのコスパです。

こちらはチョコレートのデザート、サントノーレ。シューとケーキとナッツとパイ、そしていろんなチョコレート。全部好き!!とっても(゚д゚)ウマー!これは、これだけでも食べに来る価値あり!です。

GR028862

 

 

ゆずが効いたクレープ。下にはラズベリーのコンフィチュールが敷かれています。ここのシェフはクレープがスペシャリテとみたぞ!(゚д゚)ウマー!

GR028863

 

 

 

ここアマンカフェは、大手町のビル群の中に森を作り、さらにその中にカフェを作ったような形になっていることから、テラス席は自然をとても近くに感じられて癒やされます。まさに森の一軒家カフェ。海外のAMANにありそうなスタイルです。なのに東京駅に歩いて行けちゃうくらい大都会で、大手町の駅から徒歩すぐのところにある、そういう森カフェ。これってよくありそうなコンセプトでも、本当に森カフェなとこってないんじゃないでしょうか。コストかかりますもんね。。価値あります。

 

ちなみにこの小さな森を構成する木々は、関東近郊で数年間検証的に育てたものを移植してきているそうです。密度や高低差もデザインされているらしく、確かに鬱蒼とはしない、でも決して少なくもない、適度な森感です。

GR028872

 

 

絶対的にはランチとして決してお手頃価格ではないんですが、周りの環境やお店の方のホスピタリティ含め、ここでしか味わえない贅沢な時間を味わっていることを考えると、十分コストに見合うと考えます。そこまで思えるのはAMANフリークが故かも知れませんが・・・。笑 スタバでゆったりする時間もまた別の価値ありですが、楽ちんアクセスの都会の森で贅沢に過ごすランチタイム、シャンパン飲まなくても癖になりますよ。笑

 

行列もありますが、各組1時間半は確保されていますので、ゆっくりランチしても全く問題ありません。ニ巡目になると時間も読めなくなりますから、なんとか一巡目に入ってゆったりまったり贅沢な時間を過ごすのがオススメですね。

GR028875

 

 

ホテル側の車止めがカフェの近くにあるんですが、帰り際にはそこになんともラグジュアリー仕様の人力車が。実際に動くんでしょうか。ホテルのメインターゲットは外国の富裕層でしょうから、日本的なおもてなしということなんですかね。東京駅や皇居外周など、これに乗って観光するなんてプランもあったりするのでしょうか。

GR028877

 

 

いやー、意外にも満腹、そして完全満足。また違う季節に来るときっとメニューも違っているだろうから、冬のテラスもいいかもね。ぜひまた来たい!(そしていつかはホテルのレストランにも・・・!)

GR028879

 

 

 

ザ・カフェbyアマン (ザカフェバイアマン) - 大手町/カフェ [食べログ]
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13182497/