粒録”

ツブログ。日々貯めている写真につぶやきを添えたログ。過去のものはコチラ: http://d.hatena.ne.jp/whitefield_d/

20160111_日帰り温泉ドライブは鰻で〆る。

知人がやってるのをみて、前々から真似してみたく、朝早くに車で出かけて日帰り温泉に入って、午前中には帰って来る、みたいなことをやってみました。

目的地は箱根。箱根の温泉、てだけで関西人からするとなんかカッコイイ、憧れの響き的要素があります。意外と近いので手軽に行けるんですが、やっぱり箱根っぽい(と自分の中で思っている)景色を見るとテンション上がる!笑

GR031909


 

朝6時20分に車で出発、7時40分には駐車場に到着し、ゆったりと温泉タイム。朝風呂は空いてまして、のんびり過ごすことができました。朝風呂最高!(下の写真は湯船からではなく、脱衣所に入る前のくつろぎ場から。いい景色です。)

GR031883

 

ちなみに温泉は好きなんですけど、長風呂はあ苦手であんまり出来ないんですよね。。。なので、せっかく温泉行っても長くは湯船に居られなくて、なんか勿体無い。せっかちなんでしょうか?

30分とか1時間とか入っちゃう人は、中できっと出たり入ったりを繰り返してるんですよね?友達と入ったらあれやこれや話しながらもっと長く入れそうな気もしますが、、、一人だとそれも難しい訳で。一人で温泉を長く楽しめる人は、オトナだと思います。確か8時に入って、8時半にはもうくつろぎ場に戻りましたかね。自分でもクイック過ぎると反省です。オトナになりたい。。

 

 

ここんちの日帰り朝風呂プランは、9時までなんですよね。とは言いつつ、お風呂が9時に新規に入れなくなるだけで、くつろぎ場はもうちょっとずっと解放してるのかなぁ、、、なんて勝手に期待してたんですが、割とキッチリ時間通りでおしまい勧告されてしまい。まぁ当たり前なのですが、、、湯上りをゆっくり楽しむにはもっともっと早く来ないといかんですね。マッサージチェアとか、ゆったりソファのコーナーもあるので、そこでダラダラ過ごす超早起きプランもやってみたいです。

GR031897

 

 

今回訪れたのは、こちらのホテルの日帰り温泉です。タオルは入浴料とセットになってましたので、手ぶらで来れる利便性もポイント高いです。

 

箱根湯本温泉の旅館 | ホテルおかだ 公式サイト
http://www.hotel-okada.co.jp/

 

 

で。午前中には帰るとか書いておきながら、折角行ったからには、そのまま帰るわけにはいかないのが食いしん坊のお出かけなわけでして、、、今回は最初から評判の鰻屋さんでお昼ご飯する計画でした。まずは温泉から車でちょっとのところにある鈴廣本店がある鈴廣かまぼこの里まで移動して無料駐車場車(!)に車を停めて、オープンまでかまぼこお土産巡り(試食しまくり)をし、そのまま鰻屋さんには徒歩でテクテク。

IMG_7648

 

鈴廣蒲鉾本店 | 鈴廣かまぼこの里 箱根のお土産が買える小田原・箱根の観光スポット
https://www.kamaboko.com/sato/shisetsu/honten.html

 

 

評判の通り、オープン前の11時ちょっと前に着いたのに店内にはすでに他のお客さんがかなりの数通されていて、我々はギリギリ待たずに入れた感じでした。危ない危ない。僕らの後に来たお客さんは、事前に鰻の確保されてますか?と質問されてました。(どうやら、時間になったら入れる席の予約は受けていないものの、鰻の確保の予約はできる様子。)

 

肝心のうなぎは、名古屋式(と勝手に呼んでますが)のカリフワではなく、ふっくら柔らかの関東式(これも勝手に呼んでます。笑)でした。流石の評判店、とってもうまー!でした。でもやっぱり、名古屋式が恋しいなぁ、という結論に。笑

IMG_7685

 

友栄 (ともえい) - 風祭/うなぎ [食べログ] (食べログ4.26の超高得点!)
http://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14001626/

 

 

日帰りでここまで充実した遊びが出来るのか、というのは発見でした。このあとウチに帰って3時のおやつに善哉を食べられるくらいの余裕感ですからね。笑 連休があったら一日くらいは温泉、という選択肢が我が家に増えました。今回は実家の車を借りて行ったんですが、こうなってくると車、欲しくなるなぁ・・・。笑

IMG_7702